いたばし花火大会の見どころとおすすめポイント

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

いたばし花火大会を見に行きたいなと思い、有料席を取ることを検討したのですが、
一緒に観る予定の友人と相談した結果、できればお金をかけずに見たいな…ということになり、
穴場情報などを調べてみることにしました。

スポンサードリンク

いたばし花火大会の見どころ

いたばし花火大会は、今年は8月1日の土曜日に行われます。
例年、お隣の埼玉県戸田市と同時開催されている大会で、
なんと昭和26年から続いている、伝統のある花火大会なのだそうです。
両方の花火大会を合わせると、90万人から100万人ほどの人出があるとのことで、すごく大きな花火大会ですね!
幅600mの巨大ナイアガラや、1.5尺玉の打ち上げなど、見どころも多い花火大会で、
花火師による競演が楽しめる、「実力派花火大会」とも言われているそうですよ。

スポンサードリンク

いたばし花火大会のおすすめポイント

いたばし花火大会では、600メートルの巨大ナイアガラを楽しみたいなら、有料席を取るのが欠かせませんし、
有料席の数もけっこう多いので、しっかり見たい人は有料席を取るのがいいと思います。
でも、できればお金をかけたくないと思っているので、穴場を調べてみました。
例えば、戸田市側の、戸田競艇場のあたりは、打ち上げ場所からけっこう近い穴場です。
戸田側河川敷も、少し遠目にナイアガラが見えるそうですよ!
どちらも、戸田側ではあるとはいえ、会場からはとても近い絶好の場所なので、早めの場所取りをした方がいいでしょう。

いたばし花火大会の家族で見る穴場

また、東武練馬駅のすぐそばにある、イオン板橋の屋上なら、ちょっと会場から離れますが、打ち上げられる花火はしっかり見えます。
スーパー「イズミヤ」板橋店の屋上も、花火がしっかりと見え、しかも人も少ない穴場のようです。
イオンやイズミヤの屋上は、今年は開放されるかどうかの確認は必要ですが、
食べ物やトイレなどにも困らないし、家族連れでも安心ですね。
他にも、河川敷の上流の方にある「野草広場」なども、意外な穴場だそうですよ。

いたばし花火大会のまとめ

いたばし花火大会は、戸田市と同時開催される、大きな花火大会で、尺玉やナイアガラが目玉なんですね。
有料席を取らなくても、穴場からしっかり花火を見れたら、お得感もあるし、楽しめるだろうなと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ