能代の花火の有料席や見どころは?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

能代の花火大会を見るなら、有料チケットを取った方がいいと聞いたのですが、
有料席はどんな種類があるのかとか、もし有料チケットを取らない場合はどこから見るのがいいのかなど、
詳しいことを調べてみたいと思っています。

スポンサードリンク

能代の花火の日程や見どころ

秋田県で行われる「能代の花火」は、今年は7月18日の金曜日に行われる予定です。
合計で約1万5千発もの花火が見られる、大きな花火大会です。
北東北で初という、1000mのワイドスターマインや、昨年以上の迫力が期待される水上花火、そして三尺玉や、
花火業者たちによる競演幻想花火など、見どころはとても豊富で、屋台もたくさん出るみたいだし、
絶対に楽しめそうな花火大会ですね!
能代市の能代港下浜ふ頭が、観覧会場となっています。

能代の花火の有料席について

能代の花火の観覧席はすべて有料席となっていて、事前にチケットを買って、当日は指定席に座るという形になっています。
有料席の種類はとてもたくさんあり、6人までの特別観覧席が弁当つきで2万7千円、
6人用のマス席が8000円、1人用のイス席1席が1800円、テーブルつきのカップル席が8000円、テーブル付きの4名用のフレンド席が1万円となっています。
他にも、車いす席や、カメラマン席もあります。
イス席ではない場合は、レジャーシートを持っていくのが欠かせませんね。
5月15日から、インターネットで先行販売が始まっているので、早めにゲットするといいですね!

スポンサードリンク

能代の花火の穴場

ただ、当日行けるかどうかわからない場合などは、有料席のチケットを買っておくのもちょっともったいないので、
穴場についても調べておきたいところです。
能代の花火の場合、調べてみると、全プログラムがスターマインでの構成で、スピーカーの位置も調整されているので、
観覧会場でしかキレイに見るのは困難、とのことです。
無料観覧エリアなどもないので、しっかり楽しみたいなら、有料席のチケットを買っておかないといけませんね。
一応当日券もあるようですが、前売りより少し高くなるし、すぐ売り切れてしまうかもしれないので、
インターネットでチケットを買っておいた方がいいと思います。

能代の花火のまとめ

能代の花火は、秋田の能代市で行われる、スターマインや水中花火がとても迫力たっぷりの、魅力的な花火大会です。
有料席のチケットを取っておかないと、当日キレイに見られる無料観覧席や穴場などはないので、注意が必要ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。