蒲郡の花火と祭りを赤ちゃん連れで行くには?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

蒲郡の花火を見に行きたいと思っているけれど、赤ちゃんを連れて行くので、どうしても車で行きたいと思っています。
駐車場情報や、どこで見たらいいかなどについて、詳しく調べたいと思います。

スポンサードリンク

蒲郡の花火と祭りの駐車場

蒲郡の花火は、「蒲郡まつり」の最後に行われる納涼花火大会で、まつりの目玉にもなっているイベントです。
2015年は、7月26日日曜日の午後7時半から行われます。テーマは「誇」となっているそうですよ。
当日は、蒲郡市役所やボートレース蒲郡に、5000台分もの駐車場が用意されます。
花火の会場は、蒲郡市民会館や竹島埠頭のあたりですが、周辺はやはり交通規制が行われ、
ホームページでも、「公共機関で来てください」と記載されています。
夕方以降は特にすごく渋滞するので、車で行くならとにかく早めに行った方がよさそうですね。

蒲郡の花火と祭りへ車で行ける穴場

来場者数は17万人ほどと言われているし、花火の打ち上げ本数は6000発ほど、
そして正三尺玉や10連発花火など、見どころもたっぷりの花火大会だし、会場周辺の渋滞がちょっと心配なので、
ちょっと離れたところが見る、というのもいいと思います。
その場合は、「とよおか湖公園」なら、ちょっと会場から離れているし、車を停めるスペースもあるし、
トイレや屋台もあるので安心できそうです。
景色も、夜景が見れてキレイそうだし、ちょっと離れていてもキレイに見られると思います。

スポンサードリンク

蒲郡の花火なら蒲郡クラシックホテルがおすすめ

それから、「蒲郡クラシックホテル」の庭園も、ちょっと小高い丘になっていて、
正3尺玉と、「竹島」がコラボした景色が楽しめるそうですよ。
ちょっと庭園にある木が邪魔になることもあるなので、キレイに見える場所を取るには、早めに行ったほうがいいですね。
東名音羽蒲郡ICから、「オレンジロード」を通って、だいたい15分くらいで到着するスポットです。
歩いて行く場合も、蒲郡駅から20分くらいなので、徒歩でも可能ではあるみたいですね。

蒲郡の花火と祭りのまとめ

蒲郡の花火は、無料駐車場が蒲郡市役所などに5000台分も設けられますが、周辺の道路は夕方以降かなり混むみたいなので注意が必要ですね。とよおか湖公園などに車で行って、ちょっと遠くから眺めた方が、帰りもスムーズかもしれませんね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。