葛飾花火大会の観覧場所や有料席は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

今年の夏は、まだ行ったことのない、葛飾花火大会に行ってみたいと思っていて、
概要やアクセス方法、観覧場所、有料席の情報など、
いろいろ詳しく調べておきたいと思います。
そして、当日はスムーズに、余裕を持って見られるようにしておきたいです。

スポンサードリンク

葛飾花火大会の概要

2015年の葛飾花火大会は、7月21日に行われる予定のようで、
火曜日だし、土日に行われる花火大会よりは少し余裕を持って見られるかもしれませんね。
とはいえ、毎年60万人近い多数の人が集まるので、やはり油断は大敵です。
打ち上げ本数は、1万3千発と、かなり規模の大きな花火大会となっています。
時間は、夜7時20分から、8時20分までとなっていて、1時間たっぷりと花火を楽しめますね。
打ち上げ場所は、葛飾区柴又野球場です。
その近くは河川敷になっていて、花火を間近で楽しめるそうですよ。
 

葛飾花火大会のアクセス

葛飾花火大会の会場は、柴又駅から歩いて15分ほどの場所にありますが、
下町の風情を楽しみながらのんびり散歩できます。
それに、花火大会の日は、露店もたくさん出るので、お祭り気分を味わえるのもとても魅力的。
有名な「柴又帝釈天」もとても近くにあるし、「寅さん記念館」などもあるので、
観光を楽しみながら、花火大会までの時間を過ごせそうです♪
江戸川河川敷で場所取りをして、デジタルスターマインや4号玉、圧巻のフィナーレなどをじっくり楽しみたいですね。

スポンサードリンク

葛飾花火大会の有料席

葛飾花火大会には、有料席ももちろん設けられます。
打ち上げ会場からほど近い、河川敷に有料席が設けられるのですが、
例えば去年は、2人用のマス席が5000円、4人席が6000円で、どちらもビニールシートに座って見るスタイル。
他に4人ベンチ席もあり、こちらも6000円でした。ただ、ベンチといっても背もたれがないので要注意。
この有料席をとっておけば、当日の場所取りの心配もいらないし、ゆっくり観光してから会場へ向かえますね。
葛飾花火大会の有料席の情報は葛飾区役所のHPをチェックしてください⇒こちら

葛飾花火大会のまとめ

葛飾花火大会は、下町の風情を楽しみながら会場へ向かえて、
しかもかなり迫力のある1万3千発もの花火を楽しめる、
とても魅力的な花火大会のようなので、とても楽しみです!
できれば有料席を取っておいて、余裕を持って花火大会当日を待ちたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。