暑中見舞いの時期 2015はいつからいつまで

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

暑中見舞いを出したい遠方の友人や親せきがいるのですが、
今年はいつからいつまでに出せばいいのか気になり、調べてみることにしました。
暑中見舞いを出す時期は、梅雨が明けたのち「小暑から立秋まで」ということです。

暑中見舞いの時期 2015はいつからいつまで

小暑は、2015年は7月7日、立秋は8月8日です。
ちなみに、2014年の場合は、立秋は8月7日でした。
年によって、微妙に日にちがずれるので、ちょっと注意が必要ですね。
また、小暑に入る7月7日頃に、そろそろだと思って焦って早々に暑中見舞いを出してしまうと、
もしかしたら相手の住む地域ではまだ梅雨が明けていないこともあります
いよいよ暑くなってきて、相手のことが気にかかり、元気かな、と思い始めた頃に便りを送るのがよさそうですね。

残暑見舞いの時期 2015はいつからいつまで

それから、残暑見舞いを出す時期についても、毎年少し違い、
2015年は8月8日から8月31日まで。
ちなみに2014年の場合は、8月9日から8月31日まででした。
8月7日以降に出す場合は、暑中見舞いではなく、残暑見舞いにした方がいいですね。

スポンサードリンク

暑中見舞いの文例

ちなみに、どんなに親しい間柄とはいえ、やっぱり暑中見舞いを出すからには、
文例をきちんと参考にして書きたいなと思います。
「暑中お見舞い申し上げます。厳しい暑さが続きますがいかがお過ごしでしょうか。
こちらは家族一同、元気に過ごしていますので安心してくださいね。
暑い毎日はまだまだ続きそうです。くれぐれもお体を大切にお過ごしください。」
という感じの文章で、相手の健康を気遣い、またこちらのこともさりげなく伝えられたらいいかなと思います。


くろたきますみポストカード 金魚

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。