車の運転が疲れる理由や解決策は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

夫は、車の運転をすると極度に疲れてしまうそうです。
運転はとても得意で、10年以上経験もあるので、運転に慣れないせいではないと思います。
緊張しているわけでもなさそうだし、極度に慎重な運転をしているわけでもありません。
それで、運転で疲れるのはどうしてか気になり、調べてみることにしました。

スポンサードリンク

車の運転が疲れる理由

まず考えられるのは、運転する時の姿勢の問題だそうです。
首や肩が緊張していると、肩こりや目の疲れや頭痛などの原因になってしまうようです。
シートの高さや、座る位置などにも要注意です。
視野が広くなるように、シートの高さはちょっと高めにするといいみたいです。
そして、シートにしっかりと深く座り、背中とお尻をきちんとシートにくっつけます。
背もたれも、倒し過ぎないことが大事。
夫は、けっこうシートを倒してしまっているので、直すようにアドバイスしようと思います。

スポンサードリンク

運転で疲れない 車は?

運転で疲れない 車といえばやはりシートがポイントになります。
長時間運転して腰痛が酷くなやんでいた方が医師にシートの良い欧州車を勧められ、替えたところ
腰痛がでなくなったという話があるくらいシートは重要です
腰を深くひき、シートバックが背中から外れなくて、尻から腰骨あたりを固定してくれるシートが一番です。
やはりメルセデス、アウディ、ボルボなどがおすすめのようです



運転の目の疲れの解消は

また、夫の話をよく聞くと、目の疲れもけっこうあるようです。
運転中は、道路や歩行者、対向車などの動きを注意して見ているので、
まばたきの数が減って、目が乾いたり、歩行者や対向車などに目を配るので疲れるし、
太陽の光がまぶしく感じたりするようです。
サングラスをかけたり、メガネやコンタクトの度数が合っているかきちんと確認したり、
目薬を用意しておくといいと思います。
目のツボのマッサージや、肩周りのストレッチ、時々目を休めることも大事だと思います。
それから、無理をしないように、時々運転を休むように声をかけようと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ