夏の疲れ顔 30代の原因と対策は?目元がポイント?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

30代後半になってから、夏の終わりごろからの疲れ顔が気になり始めています。
女は夏に老ける、という雑誌記事を目にしたこともあり、今年の夏が間近に迫っている今、
夏の終わりに疲れ顔にならないように、できることを実行したい!と思っています。

スポンサードリンク

夏の疲れ顔 30代の原因は?

夏が終わる頃、疲れ顔が気になる原因は、年齢を重ねることで目元に小じわやたるみが出てくることに加えて、
夏の間のエアコン、紫外線による乾燥や、皮脂のバランスの崩れによる肌荒れにより、
目の下のクマが濃くなったり、目尻のシワが深くなってしまうことによります。
40代になると、シワの悩みはますます深刻になってくることが多いそうなので、気を付けたいですね!
また、夏の間の厳しい紫外線によって、少しずつシミができ始めている可能性もあるので、注意したいですね。

夏の疲れ顔 30代の対策は目元がポイント

まずは、疲れ顔に見せてしまう大きな原因である、目の周りのケアに注意したいですね。
紫外線や乾燥によって目の周りの肌がダメージを受け、シワやクマができやすくなってしまうので、
紫外線カットや保湿、それから肌内部のコラーゲン量のアップも心掛けると良さそうです。
疲れの出やすい目元は、ついメイクも濃くしてしまいがちですが、
メイク落としをするときはごしごし強くこすらず、目元専用のメイク落としでとにかく刺激を与えずやさしく!
目元用のアイクリームもしっかり使いたいです。

スポンサードリンク

夏の疲れ顔 30代はむくみも要注意

また、30代後半になると、たるみも気になり始めます。
特に目の下のたるみが影になってクマのように見えてしまう、「黒クマ」に要注意です。
さらに、夏の間は、冷たいものをたくさん摂取してしまって代謝が悪くなり、老廃物がたまって、むくんでしまいやすく、
寝苦しくて睡眠不足になってしまいむくんでしまうこともあります。
そのむくみによって、黒クマがさらに目立ってしまうので、代謝や睡眠の質をよくしてむくみを予防すること、
目元のたるみを防ぐための顔の筋肉のトレーニングなども取り入れたいですね。

まとめ

30代後半になり、アラフォーに近づいてくると、たるみや小じわといった悩みも加わり、
紫外線や内外の温度差などの影響の大きい夏に、疲れ顔になりやすくなってしまいますが、
いろいろな対策方法があるので、できるだけ疲れ顔がひどくならないようにがんばりたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ