夏の疲れ顔 20代の原因と対策は?睡眠がポイント?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

まだ20代なのに、夏になると疲れ顔が気になる、という友人がいて、
どうしてだろう?どうしたら解決できるかな?と困っています。
夏の暑さによる疲れだけではなく、いろいろな原因がある気がするので、原因や対策方法を調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

夏の疲れ顔 20代の原因は?

まだまだ若い20代なのに、夏になると疲れ顔が気になる、というのは、
これから30代、40代と年を重ねて行くにあたって、ちょっと不安ですよね。
私も、20代の頃オフィスワークをしていた頃は、夏の疲れ顔を仕事先で指摘されたことがありましたよ。
夜寝苦しくて、疲れが取れず、顔に出てしまうのもありますが、
冷房で冷えた職場と、外気の温度差により、お肌から水分が奪われ、肌がカサつきやすくなります。
汗をかいて皮脂が出てメイクが崩れたり、汗をかいたせいで肌が逆に乾燥するということもあります。

スポンサードリンク

夏 疲れ顔の対策 20代でも睡眠はしっかり!!

まず、そもそも体に疲れをためないように、夜ぐっすりと寝られるように、
適度な冷房などで工夫したいですね。
夏はついお風呂を省いてシャワーだけですましがちですが、しっかりお風呂に浸かって、冷房で冷えた体をあたためると、
眠りも深くなると思います。
また、冷たい飲み物や食べ物を取り過ぎるのも、内蔵を冷やしてしまうので、控えめにしましょう。
私も冷え症なので、夏でもあたたかい飲み物を飲むように心がけていますよ。
コーヒーや紅茶などカフェイン入りの飲み物を控えめにしましょう。

夏 疲れ顔の対策 保湿がポイント!!

それから、夏のメイク崩れや乾燥を防ぐためには、メイクの技術というよりも、基礎化粧品を工夫することが大切です。
肌が自分で水分をしっかり貯め、保ち続けられるように、保湿効果のある美容液を普段のスキンケアに取り入れるといいですよ。
夏は皮脂が出るからさっぱり系の化粧水でいい、とついつい思いがちですが、実は保湿もとても大切なんですね。
ローションマスクなどでじっくりと肌に水分を与えるようにするのもおススメです。

まとめ

20代でも夏の疲れ顔が気になるという女性はけっこういるみたいですよ。
夏は、強い冷房の効いた中と、紫外線の強い外という差が大きく、肌にもとても厳しい条件になりやすいので、
それに負けないように、スキンケアや体調管理を頑張っていきたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。