夏の疲れ顔 妊娠中のママも気をつけて

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

妊娠中のママ友が、夏の暑さとつわりのせいか、最近急に顔が老けた、疲れ顔になってしまって困っている、とのこと。
つわりに加えて夏の暑さとなると、疲れてしまうのは仕方がないですが、
お出かけの時など、疲れ顔のままでは困りますよね。

スポンサードリンク

夏の疲れ顔 妊娠中のママの原因は

妊娠中、特に初期のつわりのある時期は、食べられるものも限られてしまうので、
ただでさえ食欲の落ちる暑い夏の間は、かなりつらいものです。
栄養のあるものを食べないと、と思っても、どんどん食べられるものも少なくなっていく、という方も多いです。
そのため、どうしても栄養不足になってしまったり、冷たいものを食べすぎてしまい、
代謝が悪くなったり、鉄分などが不足して、疲れ顔になってしまう妊婦さんも多いです。
つわりで体重が減ってしまい、顔がげっそりしてしまう方もいますね。



スポンサードリンク

夏の疲れ顔 妊娠中の対策法1

暑いとつわりがひどくなるので、冷房をガンガンかけているなら、少し弱めてみましょう。
冷えすぎて代謝が悪くなり、肌がくすんだり目の下にクマができたり、むくんだりしてしまう原因になってしまいます。
また、常に何かを食べていないと気持ちが悪くなる「食べつわり」の場合も、
塩分を取り過ぎるとむくみやすくなってしまいますし、冷たい食べ物・飲み物を取り過ぎるのも避けましょう。
グラノーラやクラッカーなど、軽く食べられて栄養もとれるものを選ぶといいですよ。
ショウガ湯やペパーミントティー、レモンのはちみつ漬けなども気分がスッキリします。

夏の疲れ顔 妊娠中の対策法2

また、お出かけの時は、血色が良く見えるようなメイクの仕方を工夫しましょう。
目の下のクマは、蒸しタオルをしばらく目の上に置いておくと、血行が良くなります。
それから、私も使っていますが、「シアバター」は血行を良くしたり、細胞を若返らせる
ビタミンAとビタミンEが含まれているそうです。
私は毎日目の周りにやさしく塗ることで、クマがちょっと改善されましたよ!
チークや口紅なども上手くつかって、イキイキとした顔に見えるようなメイクをしてくださいね。
⇒シアバターは赤ちゃんからママまで安心して使えます

まとめ

妊娠中のつわりと、暑い夏のダブルパンチで、疲れ顔になってしまうのは仕方のないこと。
でも、食べ物に注意したり、メイクを工夫したりすれば、疲れ顔もマシになるのでは?と思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ