紫外線アレルギーや日光アレルギーに日傘や日焼け止めの選び方は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

紫外線アレルギーや日光アレルギーは紫外線を浴びることででるお肌のアレルギー
湿疹や肌荒れ、頭痛や発熱を起こすことです
紫外線アレルギーや日光アレルギーの方におすすめの生活習慣や日傘や日焼け止めクリームなどの選び方をご紹介します

スポンサードリンク

紫外線アレルギー・日光アレルギーの症状

紫外線アレルギー・日光アレルギーは日光を浴び、赤くなったり、発疹が出る症状をいいます。
短時間に日に当たっただけでも、日に当たった部分が赤くなる、熱をおびる、痛みが有る、発疹(蕁麻疹、丘疹)、火ぶくれ、鳥肌ができたりします。頭痛、発熱、嘔吐などの症状を起こす場合もあり、通常、発疹等の症状は日に当たらなくなると消えます

紫外線アレルギーや日光アレルギーに日傘は効果的です

紫外線アレルギー・日光アレルギーの方が日傘を選ぶなら

スポンサードリンク

紫外線カット率100%の日傘を選びましょう

最近は紫外線99%以上カットの表示のものも多く、紫外線はほぼ完璧にカットするように思いますが、実は残り1%の太陽光のエネルギーは想像以上にあり、紫外線アレルギーの人には症状が出ます。
できるだけ、紫外線カット率の高い物を選び(できれば100%)ましょう
選ぶときに注意して欲しいのが
傘の裏は黒がベストです。
その理由は紫外線は地面に反射するため、下からも紫外線を受けることになります。
日傘の裏地が白色に近いと、紫外線を反射するという性質によって傘の内側で顔に紫外線を浴びることとなります。
地面から照り返す紫外線を防ぐために、傘の裏地には紫外線を吸収する性質を持った黒色に近いものがお勧めです。
開けた時に大きいものが効果はあります
もちろん日傘は携帯に便利なようにコンパクトになる方がいいのですが、紫外線アレルギーの方はコンパクトになるよりより紫外線をカットするタイプのものを選びましょう
⇒紫外線カット率100%の日傘 サンバリア100って?
特に日に当たるとすぐ赤くなるタイプの人は、4~9月の時期に外出する場合は、日傘をさして帽子をかぶるのがおすすめです

紫外線アレルギーの方の日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ基準としては、下記の3点を満たすものが良いとされています。
紫外線吸収剤不使用
パラベン不使用
毛穴を塞がない
といったことに注意しましょう



最後に

紫外線対策グッズはほかにもいろいろ帽子やサングラス、日傘、アームカバーや手袋、化粧品などがありますので、ご自分に合うものを見つけて紫外線対策をこまめにして、夏を乗り切りましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ