神奈川新聞花火大会はコットンハーバーや野毛山公園展望台が穴場

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

神奈川新聞花火大会に行きたいなと思っているのですが、どれくらい混むのかが気になります。
また、あまり混雑する場所よりも、穴場で見たいなあと思うので、詳しく調べてみようと思っています。

スポンサードリンク

神奈川新聞花火大会の混雑状況など

神奈川新聞花火大会は、2015年は8月4日の火曜日開催予定ですが、
毎年、当日は午前中から人が普段よりも多く、
お昼過ぎからはすでに赤レンガ倉庫などでの場所取りも始まるようです。
午後3時頃になると、桜木町や横浜駅などにかなり人が増え始め、
ホートサイド公園や山下公園、ワールドポーターなどに急に人が多くなります。
近隣のレストランなども人がいっぱいです。
午後5時くらいになれば、臨港パークのあたりは、歩こうにもなかなか進めないくらい人が増えるそう。
午後6時頃には、周辺のトイレが混み始めるとのこと。駅近くの道もとにかく大混雑です。

スポンサードリンク

神奈川新聞花火大会をコットンハーバー

そのような感じなので、混雑はどうしても避けられませんね。
とはいえ、できるだけ穴場を見つけて行けば、少しは混雑を避けられるかもしれません。
例えば、最寄駅が東神奈川駅もしくは仲木戸駅となる、「コットンハーバー」です。
打ち上げ会場からも近いのに、意外に空いているそうです。
また、ポートサイド公園は、ちょっと高台にあり、花火を見るのには最適です。
横浜駅から歩いて行ける距離ですが、少し離れているので、人も少なめなのかなと思います。

神奈川新聞花火大会を野毛山公園から

それから、野毛山公園にある展望台もおすすめです。
日ノ出町駅か、桜木町駅から歩いて行けますが、ちょっと登り坂を上がっていくので、
みなとみらいの中心地区よりは空いています。
高台にあるので、みなとみらいもしっかり一望できるし、花火を見るのにもピッタリです。
それから、大黒埠頭のスカイウォークのあたりは、低い位置で行われる花火までしっかりと見えるので、
しっかりと神奈川新聞花火大会を楽しみたい!という場合は最適です。

まとめ

神奈川新聞花火大会は、デートスポットとしても大人気の、みなとみらい地区で行われるので、
やはり当日は平日でも大混雑するようですね。
野毛山公園や、コットンハーバーなどの穴場で、なんとか上手に観覧できたらいいな、と思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。