熱田祭りの花火や日にち、楽しみ方は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

6月5日に、名古屋にある熱田神宮で行われる「熱田祭り」に行きたいと思っています。
我が家には幼児がいるので、夜の花火などまで退屈せずしっかりと楽しめるように、
いろいろと下調べをしたいと思っています。
熱田祭りは、天皇の勅使が参向されるというほど、とても重要で、厳かなお祭りです。
また、「尚武祭」とも呼ばれているそうです。
大きくて華やかな「献灯まきわら」や、花火大会、弓道や剣道、相撲や俳句などの大会、
子どもによるおみこしや、熱田神楽の奉納など、とても様々な行事も行われ、とても楽しそうです。

スポンサードリンク

熱田祭りのおすすめは

熱田祭りで子どもが見て喜びそうなのは、やはり、見応えのある美しい「まきわら」や、
19時40分から始まる花火大会や、そして数多くの露店での食べ歩きやゲームなどでしょう。
スーパーボールすくいや、くじ引きなど、子どもが大好きな露店の定番を楽しむのも欠かせませんね。
名古屋の方々は、このお祭りから浴衣を着始め、夏の到来を告げるお祭りという存在でもあります。
子どもにも浴衣を着せてあげて、楽しい夏がやってきたことを感じさせてあげたいですね!

スポンサードリンク

熱田祭りの花火の時間

神宮公園内 19:40 ~ 20:30 ※2014年度から時間変更して20時30分終了に
神宮公園内は立ち入り禁止です

白鳥庭園周辺での鑑賞に人気があります。
特に熱田球場から打ち上げられていますので、白鳥庭園の芝生に寝転がると真上に上がるそうです

熱田祭りの子供連れの夕食におすすめ

また、もし花火大会までの時間に時間を持て余してしまったり、子どもが退屈がったら、
近くにある「神宮飯店」というお店まで行って中華を楽しむのもいいかも。
店内は広いし、お座敷席もあるので、子連れでも安心です。
お座敷があるなら赤ちゃんがいるママ友と行っても大丈夫ですね!
お子様セットもあるし、お腹いっぱいになって、きっと子どもも機嫌よくしてくれると思います♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ