一人暮らしの家具の配置のコツは?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

一人暮らしを始めるめいが、ワンルームでの家具の配置をどうしたらいいかなと相談してきました。
めいは、狭くなることを覚悟の上で、ベッドを使うことにしたそうです。
そのため、タンスやテレビ台、ローテーブルの置き方にちょっと悩んでいるようです。
私もワンルームで一人暮らしの経験があるので、アドバイスしたいと思います。

スポンサードリンク

一人暮らしの家具の配置 ベッドは

まず、ベッドの置き方としては、部屋に入ってきた時に向かって横向きに置くパターンか、
縦に置くパターンのどちらか。
横向きに置く場合は、窓際もしくはベランダの出入り口に沿って、横向きに置くことになります。
部屋を広く使えますが、ベランダへの出入りにはちょっと不便です。
縦向きに置く場合は、壁際に沿ってベッドを置きます。ローテーブルの置場や生活スペースはちょっと狭くなります。
でも、ベランダへの出入りがしやすく、洗濯物を干しやすいと思います。
また、タンスは壁に沿って置くのが普通ですが、ベッドのすぐ横にタンスを置いて、
寝るスペースと、食事などの生活スペースを分けるという置き方もあります。
部屋が狭く見えるかもしれないので、その点だけ注意です。

スポンサードリンク

一人暮らしの家具の配置 狭さを解消

また、家具の背の高さを低くすること、家具や家電の大きいものはできるだけ一辺の壁に寄せ集めて置くようにすれば、
部屋が広く見えます。
初めての一人暮らしだからと言って、調子に乗って家具をたくさん買いそろえない方がいいですよ。
一辺の壁に置けるだけの家具をそろえるようにするといいです。
それから、収納家具を並べて置く場合、背の高さや奥行きをそろえると、すっきりと見えます。
それから、衣装ケースなどクローゼットの中に入るものはなるべく中に入れて、隠してしまいましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ