年賀状 一言 上司へはどう書くといい?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

社会人になったばかりのおいが、上司に年賀状を出すのだけれど、一言をなんて書けばいいのか迷っている、
と相談してきました。どんな一言がいいか、例文などを教えてあげようかなと思います。

スポンサードリンク

年賀状 一言 上司へは

上司への年賀状の一言って、とても気を遣うし、なんて書いたらいいか緊張して迷ってしまうものです。
そのため、つい堅苦しくなりすぎてしまいがちですが、そうなるとよそよそしい感じになってしまいます。
上司なので、丁寧な言葉遣いであることは大切ですが、あまりにがちがちな一言になってしまうと、上司はあまり喜ばないかも?
「いつも親身なご指導をいだたきありがとうございます」とか「今年もご指導のほど宜しくお願い申し上げます」といった、
定番の無難な一言を書きつつ、自分なりの一言も添えましょう。

年賀状 一言 上司へは具体的な一言がポイント

では、どんな一言がいいのかというと、上司との間のエピソードや、今年の自分の目標や意気込みなどを入れられるといいですね。
例えば、「○○の案件ではとても貴重なアドバイスをいただき本当に感謝しています」、
「○○の際に教えていただいたことは今も心に深く残っています」、
「入社○年となる今年は○○部長(課長など)のご指導を活かせるよう努めたいと思います」
といった感じで、感謝や尊敬の気持ち、それからこれからの決意などを表現するといいでしょう。

年賀状 一言 上司へのアピールは

もし仕事上の具体的なやりとりがあまりない相手なら、
「まだまだ未熟者ですが 今年は○○を目標とし ますます精進していきたいと思っております」、
「昨年の経験を活かし、本年も積極的に業務に取り組もうと決意しております」、といった感じで、
今年の抱負をさりげなく述べ、やる気や前向きさをアピールすると、好感が持てそうです。
飲みに行ったりとプライベートな関係にある先輩や上司なら、
「○○に行ったときはとても楽しかったです またぜひご一緒させていただけると嬉しいです」
という風に、少し砕けた一言を添えるのもいいですね。

スポンサードリンク

まとめ

上司への年賀状の一言は、相手との関係性を考えつつ、これまでのエピソードや自分の抱負を添えたり、
感謝の気持ちや、これからの前向きな姿勢などを示せるといいと思いますよ!
あまり丁寧で堅苦しくなり過ぎないように気を付けつつ、きちんとした敬語で書きましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ