諏訪湖花火大会の最寄り駅やチケット情報は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

長野県の諏訪湖花火大会がなかなかすごいよ、と知人から聞いたのですが、
実際に行くとなると、日程やアクセス方法など詳細情報が必要なので、
詳しく調べてみて、ぜひ今年は見に行ってみたいなあと思っています!
どんな花火大会なのか、とてもワクワクします♪

スポンサードリンク

諏訪湖花火大会

諏訪湖花火大会は、2015年は、8月15日19時~開催される予定ですが、
なんと昭和24年から行われている、歴史ある花火大会なんです。
「約4万発」という打ち上げ数からしても、規模からしても、全国屈指の大きな花火大会と言えるそうで、
県内の人だけではなく、多くの観光客らが見に訪れるそうです。
ちなみに、東京都内で大きな花火大会として有名な隅田川花火大会は、二つの会場合わせて2万発くらいなので、
諏訪湖花火大会の打ち上げ本数の多さはかなりのものですね。

諏訪湖花火大会のアクセス

諏訪湖花火大会は、長野県の真ん中あたりにある、「諏訪湖」で行われる花火大会で、会場は諏訪市湖畔前諏訪湖上。
最寄駅はJR中央本線上諏訪湖駅となっています。上諏訪駅から歩くと8分くらいと、とてもアクセスはいいですね!
車の場合は、中央自動車道の諏訪ICから15分くらいの場所ではありますが、当日はとにかく道が混雑します。
特に、諏訪市湖畔公園周辺はとにかく車が動かない状況になるとか。
駐車場も5050台 としっかりありますが、午前中でいっぱいになってしまうとのこと。
できれば電車で行った方が良さそうです。

スポンサードリンク

諏訪湖花火大会の見どころ

諏訪湖花火大会は、4万発という打ち上げ本数の多さで、とにかく見応え満点です。
二部構成になっていて、第一部は競技花火、第二部では大規模なスターマインやナイアガラも。
第一部の競技花火は、長野県内、県外の花火師たちによる、10号早打ち競技や、
芸術性を競うスターマイン競技などが楽しめます。
第二部では、水上で半円を描く花火が幻想的な、水上スターマインや、
日本でも最大!と言われている、2キロにもわたって行われる大ナイアガラが、とにかく見応えたっぷりとのこと。
想像するだけでもワクワクしてしまいますね♪

諏訪湖花火大会のチケット

今から購入できるチケットは
石彫公園・湖畔公園に有料自由席5700席ほどが設けられ、大人3000円、子ども1500円となっていますが、販売は諏訪市文化センターにて、7月30日の午前8時半からです。
ローソンチケットの場合は、大人3500円、子ども2000円となり、7月31日の午前10時からとなっています。
当日券も7000席分あり、旧東バル跡地の自由席で当日朝8時から販売で、一人1000円という設定です。
詳しい情報は諏訪湖祭実行委員会(諏訪市観光課内)(TEL:0266-52-4141)か、信州 諏訪湖の花火ホームページで

まとめ

諏訪湖花火大会は、4万発という打ち上げ本数の多さからも分かるように、とても規模の大きな花火大会なんですね。
花火好きの方が諏訪湖の花火と大曲の花火は死ぬまでに見たいと言っていた意味が分かりました
2キロにもおよぶ大ナイアガラは絶対に感動できそうで、今からすごく楽しみです。

⇒諏訪湖の花火やおすすめスポットはこちらに詳しく紹介されています

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ