確定申告 医療費控除 市販薬はどうなるの? 目薬 絆創膏  湿布・・・

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

医療費控除の申請をしようかと思って、領収書を集めていたのですが、
ふと、市販薬は控除の対象になるのかどうか、すごく気になりました。
病院にかかった時の医療費や薬代が今年はけっこうかかり、もうすぐ10万に届きそうなのですが、
微妙に足りないかもしれなくて…。
市販薬も含められるなら、10万に届きそうなのです。
日曜日で病院がやっていなかった時に、かぜ薬やトローチなどを買ったり、
冷え性改善のために養命酒を買ったりしたのですが、それも含められるのでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

確定申告 医療費控除に予防接種等は?

医療費控除とは、「所得控除」の一つ。生計を一つにする夫婦や親族などが1月1日から12月31日に支払った医療費を、
課税対象となる所得から差し引くことができる、というものです。
その医療費とは、風邪などの「治療又は療養に必要な医薬品」は対象になりますが、
健康増進や美容のためのものや、風邪予防など「予防」のための医薬品は対象にならないのだそうです。
つまり、健康増進のために私が買った養命酒や、ビタミン入りのゼリー状、サプリメント、マスクなどは、
医療費控除の対象にはなりません。
インフルエンザの予防接種代も含まれません。

確定申告 医療費控除 市販薬は?

でも、「風邪」「胃痛」など治療目的で買った市販の風邪薬は、対象になるので、レシートをしっかりと取っておく必要があります。
また、夫の水虫治療の薬もけっこう高かったのですがこれも治療目的なので対象になるみたいです。
それから、医師の指示であれば、漢方薬やビタミン剤も対象になる場合があるそうですよ。

申請期間に間に合うように注意しないといけませんね

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。