天神祭のデートにおすすめ穴場って?花火や船渡御の楽しみ方

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

天神祭りにカップルで行きたいと言っているおいに、見どころや日程などについてアドバイスをしてあげたいと思います。
ゆっくり花火を楽しめるレストランや観覧席情報についても調べてあげたいと思います。

スポンサードリンク

天神祭りの日程とアクセス方法

天神祭りは、2015年は、7月24日の金曜日と、25日の土曜日に行われます。
23日には前祭りとしてギャルみこしなども行われます。
24日は「鉾流行列参進」や「どんどこ船宮入 鉾流神鉾奉還」などの神事や神賑行事が行われ、
25日は本宮祭や船渡御、船上祭、奉納花火大会などが行われます。
露店の並ぶ川沿いエリアや花火の会場に近いのは、桜ノ宮駅。
天満宮の露店のあるエリアには、大阪天満宮駅や南森町駅などなら、歩いて数分程度でアクセス可能です。

天神祭のカップルのおすすめ穴場は

カップルにおすすめなのは、やはり天神祭りの最後の花火大会と、それと融合するように舟が川を行きかう船渡御です。
お祭りの最大の見どころとして有名なので、絶対に見逃さないで欲しいですし、
とてもロマンチックなのでカップルには一押しです。
ただ、どこで見るかがポイント。桜ノ宮駅のあたりは、花火にとても近いですがとにかく混雑するので、デートには不向きです。
そこで、船渡御は諦めることになりますが、大阪城北詰駅や、ドンキホーテの近くの川崎橋のあたりなら、人も少なめで、カップルでゆっくり見られると思います。

天神祭の観覧席やレストラン情報

でも、せっかくのデートなので、混雑とかにあまり惑わされず、もうちょっと安心して天神祭りを楽しみたい、
と思うかもしれませんね。
それなら、花火や船渡御の観覧席が設けられているので、事前にチケットを購入しておくといいでしょう。
もしくは、なるべく早めに、花火の見られるレストランを予約しておくのもオススメ。
ラ・スール大阪の15階にあるレストランや、帝国ホテル大阪の客室から、花火が鑑賞できるそうですよ。
帝国ホテル大阪の天神祭限定プランなら、夕食後に部屋から花火と船渡御を鑑賞可能!
ちょっとお値段は張りますが、素敵な思い出になると思いますよ。贅沢すぎですが。。。

スポンサードリンク

天神祭の船渡御船もカップルにおすすめ

ホテルほどお金はかかりませんが、『船渡御』船からの花火特別観覧席もあります
船渡御は天神祭のクライマックスで、陸渡御を終えた一団が船にうつり総数百艘あまりの船が、天神橋北詰をスタートし大川を北上。飛翔橋の先でUターンし戻ってきます。花火を船渡御船から見ることが出来、花火特別観覧席になります

『船渡御』船は、祭り関係者及び協賛スポンサー貸切船でないと乗船出来ませんが、なかなか手に入らない希少価値のある乗船券も35000円とちょっと高いですが、売り出されます。例年完売となるので、早めに申し込まないといけませんね

天神祭のデートなら

華やかで、見どころたっぷりの天神祭りは、カップルにはぴったりのお祭りです!
混雑を上手に避けて楽しむことが大切ですが、2人なら多少の混雑もきっと楽しめるはず。
観覧席やレストランの予約など、計画や準備だけは万全にして、臨んでほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。