豊橋の祇園祭の花火大会を見るポイントは?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

花火大会がすごい!と言われている、豊橋祇園祭に行ってみたいと思っていて、
概要や混雑状況、アクセスなどについて調べてみたいと思っています。
なんでも世界の果てまでイッテQの人気企画宮川大輔さんのお祭り男でも豊橋発祥の手筒花火が取り上げられたそうです
どこで見たらいいか、見どころはどんな点か、などについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

豊橋祇園祭の日程と花火の時間は

豊橋祇園際は、毎年7月の第三金曜日、土曜日、日曜日の3日間行われているので、
2015年は、7月19日から21日にかけて行われます。
愛知県豊橋市の、「吉田神社」という神社のお祭りなので、
豊川神社の境内や、神社裏の豊川河川敷で花火が行われます。
金曜日の夕方4時から「大筒練込み」、6時半から手筒、大筒、乱玉が、
神社の境内で披露されます。

土曜日は打ち上げ花火大会が神社裏で打ち上げられ、
日曜日は、吉田神社からみこしがスタートします。
頼朝行列やまんじゅう配りなども行われるので、花火以外のイベントも見逃せませんね。

豊橋 祇園祭の見どころ

豊橋祇園祭の見どころは、華やかに夏の夜を彩る打ち上げ花火はもちろんのこと、
手筒花火もかなり見応えがあって、楽しめるそうですよ。
手筒花火は、三河地区が発祥なので、愛知県の他の花火大会でも見られるようですが、
豊橋祇園祭の手筒花火がやっぱり一番オススメなのだそうです!
スタンダードな打ち上げ花火だけではなく、迫力満点手筒花火も楽しめる、贅沢なお祭りですね。

スポンサードリンク

豊橋 祇園祭 へのアクセスやおすすめの見学場所

豊橋祇園祭へのアクセスは、豊橋駅から、路面電車に乗り、「市役所前」で降りたら、
吉田神社まで歩いて5分くらいです。
打ち上げ花火を見るには、吉田神社近くにある豊橋公園の芝生広場が定番ですが、
屋上の駐車場が解放される、アピタ向山店は穴場スポットとなっていて、車で行く場合はぜひ使ってみたいですね。
他にも、JR下地駅の南側にある、豊川河川敷は、ちょっと会場から離れますが、
遠くからのんびりながめるにはぴったりの穴場スポットとなっています。

豊橋 祇園祭 花火大会まとめ

豊橋祇園祭は、華やかで豪華な花火大会として有名で、打ち上げ花火だけではなく、
手筒花火もとても見応えがあって楽しめるそうです!
ぜひお祭りの期間中ゆっくりと滞在して、それぞれの花火やイベントをじっくり味わいたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。