横浜開港祭 花火のおすすめスポットは?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

横浜開港祭の花火大会は、ロマンチックな雰囲気タップリのみなとみらいエリアで6月頭ごろに行われる、
夏を先取りした花火大会です。
夫の実家が横浜なので、若い頃は何度か見に行きましたが、子どもが生まれてからは全く行けていません。
そこで、2015年の横浜開港祭の花火はいつ行われるのか、また子連れならとこで見るといいのかなど、
詳細を調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火の日時は?

今年の横浜開港祭は、第34回目となり、
5月30日、31日の土日と、6月2日の火曜日に行われます。
毎年、最終日に花火が打ち上げられるので、今年は6月2日の火曜日です
例年8時20分開始、終了午後9時頃です

横浜開港祭の花火の有料席は

横浜開港祭の花火は、「ビームスペクタクルinハーバー」という名称が付いているように、
ビームの光がたくさん使われ、そして花火に合わせて音楽も流れ、
オシャレで華やかな、とても素敵な花火大会です。
有料席も販売されるのですが、これがなかなか高めで、ペアで9000円とか、6000円とか。
国立大ホール前の会場は、2人から5人分の、家族にピッタリな席があるのですが、なんと15000円。
雨の時は決行されるけれど、
荒天で中止になった時の払い戻しはないとのことで、家族連れにはちょっと厳しいかも?

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火のおすすめスポットです

そこで、無料スポットを探してみると、「カップヌードルミュージアムパーク」は、穴場のようです。
昼頃から場所取りをすれば余裕、という情報があります。
海が目の前なので、海を眺めながらのんびり待てそう。

カップヌードルミュージアムパークへのアクセス

住所:横浜市中区新港2-3-4
「みなとみらい駅」「馬車道駅」より徒歩8分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩12分

他にも、野毛山公園もいいですね。ここは以前行ったことがあります。人も少なめで雰囲気も良かったです♪
子どもが遊べる遊具もあるし、子供連れにはよさそうですね。
⇒野毛山公園の詳しい情報はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ