車の運転が怖いのは就職に不利?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

めいは、車の運転が怖いという気持ちがあり、免許を取って以来運転をしておらず、
すっかりペーパードライバーです。
私も同じなので、気持ちがとても良く分かります。
どうしても必要に迫られた時以外は、無理をして運転する必要はないのでは、とは思っていますが、
めいは、これから就職活動をするので、ペーパーでは不利になってしまうのかな?と心配しています。
そこで、実際にはどうなのか、調べてみることにしました。

スポンサードリンク

車の運転が怖いのは就職に不利?

私が就職活動をした時、私は「資格」欄は全くの空欄でした。まだ車の免許も取っていなかったからです。
東京都内での就職活動なら、おそらく、免許がないからといって就職が不利になることはないと思います。
もちろん、一部の職種には、車の運転が求められるものがあります。
営業スタッフが車でお客さんのところへ回ったり、事務員が車を使って用を済ませに行ったりなど、そういう求人も時には見かけます。
でも、車の運転ができないからといって、大幅に職種が狭まり、就職ができなくなる、というわけではないです。

スポンサードリンク

車の運転が怖いペーパードライバーの克服を

ただ、地方の、公共交通機関が発達していない営業所などに配属されたら、車が不可欠になるという可能性もあります。
また、もし、就職が決まった会社から、運転を求められたら、その時は一念発起して、
ペーパードライバー講習を受けに行けばいいのでは?と思います。
人間、どうしても!という状況になれば何とかなるものです。

ただ、車の運転が怖いのがひどい時は精神的な病気の可能性もあります。
どうしてもムリだったら、不安障害などの病気が潜んでいる可能性もあるので、心療内科に相談してもいいかもしれません。
めいの場合は大丈夫そうですが、運転が嫌なら、資格のところに運転免許を書かないで就職先を受けるのがいいと思います
運転条件のない仕事はいっぱいあります

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。